見た目と早漏の心理的要因

早漏にコンプレックスを抱いている男性は多いものです。
男性によって考え方が異なり、早漏でも回数で勝負すれば問題ないという方もいますが、回数よりも質のほうが大切です。
女性を喜ばすためには、1回あたりの持続時間は10分くらいほしいところでしょう。
早漏を引き起こす原因には、見た目のコンプレックスもあります。
ペニスが人よりも小さい、包茎で子供っぽく見える、などの理由によって早漏を引き起こすこともあります。
下半身の悩み全般に言えることですが、見た目のコンプレックスは他の症状も招きやすいのです。
EDにより早漏になることもありますし、短小によりEDになることもあります。
下半身の悩みは一つでも多く改善したほうが、SEXの成功率を上げることにつながります。
見た目にコンプレックスを抱えている方の多くは、短小や包茎に悩んでいます。
治療をする優先順位としては包茎が先であり、包茎を治療することで短小がある程度改善することは多々あります。
包皮が亀頭を圧迫することで、本来の大きさを発揮できなくなる可能性もあるのです。
特に真性包茎はペニスサイズを小さくしてしまうので、すぐにでも治療をするべきでしょう。
日常生活において不都合を感じない程度の包茎なら治療の必要はありませんが、むくときに痛みを感じるようなら注意が必要です。
無理なくすんなりむけるなら、特に治療をする必要はないでしょう。
日本人の実に7割は仮性包茎と言われていますが、手術をする方は非常に少ないです。
EDは見た目のコンプレックスとはなりにくいですが、早漏を招くことがある症状です。
早漏が気になるようになったら、勃起力の減退も疑ってみる必要があるでしょう。
ED治療薬や精力剤を服用し、規則正しい生活を送りましょう。

早漏は自分で解決できるのか?

早漏は病院で治療をしたり、薬を服用したりしなくても自分で解決することは可能です。
最もポピュラーな方法としては、自慰をして感度を弱めることがあります。
射精をした直後に続けて射精するのは難しいでしょうし、たとえ可能だとしても1回目よりも時間がかかるでしょう。
1回目の射精まで1分という方でも、2回目になると1分超は確実に持つはずなのです。
大抵の方は10分以上は持つはずですが、オナニーで射精した直後にSEXを始めるのも味気ないものです。
SEXをするタイミングが事前に決まっているなら、その数時間前に自慰をしておくのは効果的でしょう。
あとは自分の気持ちの持ち方が関係してくるので、自分で早漏だと意識しないことです。
早漏に不安を感じていても、何も解決することはありません。
むしろ意識をしないほうが早漏を解消できるため、SEXのときは深く考えないようにしましょう。
あまり考えすぎると緊張して、EDまで招いてしまう可能性があります。
こうなると医療機関で治療を受けるしかなくなるので、下半身のコンプレックスに関してはあまり考えないことです。
コンドームは厚いタイプを選ぶと射精まで長くなりますし、早漏防止のジェルを塗ったコンドームもあります。
感度は少し弱くなりますが、その分だけ射精まで遅らせることができるのです。
あとはSEXを定期的に行って、慣れていくことが大切です。
初めてSEXをしたときは、挿入した瞬間に果ててしまった男性も多いでしょう。
しかし経験を積むことで少しずつ持続時間が長くなっていき、多くの方は5分以上の持続ができるようになります。
5分未満で射精するようならば、本格的な対策が必要になってきます。
SEXの数時間前に自慰をしたり、コンドームで工夫したりするなどの対策が必要でしょう。

早漏における外国人との価値観の違い

早漏といえば、日本ではネガティブに捉えられたり、積極的に治療する必要がある問題と考えられています。
一方の海外では、早漏でも行為をする事は出来るので、悩みが深刻化したり、治療が不可欠と判断されるとは限りません。
むしろ、早漏なら直ぐにいってしまうので、時間をかけて愛撫を楽しんだり、雰囲気を重視して味わう事があります。
更に、逆に早漏の欠点を活かす事で、連続で何回いけるかといった、記録に挑戦する事もあり得ます。
絶頂は、体と心が喜びを感じた時に迎える瞬間なので、パートナーにとってはこの上ない喜びになります。
短時間でいける早漏は、時間よりも回数の点で優れていますから、何度も絶頂する事で相手を喜ばす結果に繋がります。
ただ、このような余裕のある考え方が出来る背景には、日本人よりも体力があり、蓄えている量に違いがある事も理由です。
日本人であれば、早漏の悩みが基本にある中で、繰り返しいくのは体力的に厳しいといえます。
また、全ての外国人がポジティブ思考とは限りませんし、日本人のように早漏に悩んで、悩みに押しつぶされそうになっている人もいます。
早漏の問題を抱えていたり、治療の必要性を感じている人におすすめなのは、現在の医療技術や治療の効果を、正確かつ客観的に理解する事です。
十分に治る可能性があると分かれば、焦って治療する必要はなくなり、心に余裕が生まれて治療効果が引き出しやすくなります。
心のストレスは、思いの外治療に影響を及ぼしますし、体の機能や薬の効果よりも、ストレスが勝ってしまう事もあります。
悩みはそれとして、治療の取組みと普段の生活を切り離して考える事で、深刻になり過ぎずに済む事が出来ます。
勤勉なのは日本人の美徳ですが、真面目過ぎは良い事ばかりではないので、力を抜いて外国人のようにリラックスする必要があります。

▼勃起不全と早漏を同時に改善できるスグレモノなんです!
スーパーPフォース

ページトップへ